学会事務局 〒108-0014東京都港区芝4-3-5 ファースト岡田ビル8F [地図]
jsoi@peace.ocn.ne.jp

ホーム > 学術大会・講習会 > 前回の学術大会について

第51回公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会開催報告

 第51回公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会2021年12月17日より26日まで10日間、オンデマンドWEB形式にて開催しました。本大会のメインテーマは昨年に続き「インプラント 治療―これまでの50年、これからの50年」とし、サブテーマでもある「インプラントで支える未来の健康」を、広島宣言として掲げ、インプラントの研究と診療が未来の医療、世界中の健康増進に繋がることを宣言しました。

 このテーマに沿って、特別シンポジウムをはじめとして特別講演2題、シンポジウム10 題、各種セミナー4題、教育講座3題を開催し、さらに研究発表プログラムとしては優秀研究発表20演題、歯科技工士セッション2演題、歯科衛生士セッション10演題、一般口演 56演題、ポスター発表106演題の応募をいただきました。当初は現地での参集型開催を予定したなかで多くの演題登録をいただきましたことに、敬意と同時に感謝を表します。

 大会参加者につきましては 4,800 名を超える参加登録をいただきました。多くの会員の皆様にご参加いただきましたことを心より感謝申し上げます。

 また、WEB 開催となったことから従来一部の抄録のみ掲載しておりましたプログラム集をすべての発表抄録を掲載する抄録集として編纂いたしましたが、編集校正作業に想定以上の時間を要し、発送が大幅に遅れましたことをこの場をお借りしてお詫び申し上げます。

 一部ご講演の内容を紹介しますと、インプラント、補綴、歯周、外科の4学会の理事長が顔をそろえた特別シンポジウムでは日本歯科医学会会長の住友雅人先生と本学会学術委員長の阪本貴司先生を座長としてお招きし、宮﨑 隆日本口腔インプラント学会理事長から本学会設立当初からの歴史と現状さらには将 来展望を、馬場一美日本補綴歯科学会理事長からは 補綴分野から近年盛んに行われているデジタルワークフローを含めた超高齢社会における食力向上を目指すインプラント補綴について、小方賴昌日本歯周病学会理事長からインプラント治療において大きな問題と なっているインプラント周囲炎に関してのパラメー ターと治療法について、桐田忠昭日本口腔外科学会理事長からはインプラント専門医が具備すべき全身の管理や外科術式の修練や薬剤の知識などに関してご講演をいただいた後、座長演者による相互ディスカッションが行われ、学会横断的な臨床研究推進の提言な ど、大変中身の濃い実りあるシンポジウムとなりました。特別講演1では「インプラントの症型分類」につい て本学会の学術委員会委員長阪本貴司先生と副委員長鮎川保則先生により新たな症型分類としてRTB分類法を含めた難易度分類方法の提案がなされ、本学会の根幹となる学術的な話題についてのご講演をいただきました。また、特別講演2では「審美領域へのインプラント治療の成功基準」のテーマの下、この領域のエキスパートの臨床家である日高豊彦先生、中野 環 先生、佐々木 猛先生に、具体的な臨床を交えて審美領域における硬組織および軟組織のマネージメントの重要性など、明日からの臨床にも役立つ知見をご講演いただきました。さらに本大会のプログラムにおいて は日本歯周病学会、日本口腔感染症学会、日本顎顔面 インプラント学会、日本歯科放射線学会、日本補綴歯科学会、日本デジタル歯科学会など、多くの関連学会とジョイントシンポジウムを実現できました。シンポジウム5では日本顎顔面インプラント学会との共催で「広範囲顎骨支持型装置について現在の知見を得る」をテーマとして開催し、日本顎顔面インプラント学会常任理事瀬戸皖一先生と本学会常務理事簗瀬武史先生に座長をお務めいただき、行政の立場として厚生労働省医政局小椋正之先生から、臨床医の立場として東京医科歯科大学立川敬子先生、奈良県立医科大学堀田 聡先生からその適用と具体的な臨床例を示していただきました。その他のセッションにおいても多くの知見と有意義なご講演をいただき、さらに残念ながら視聴されている先生からの質問をお受けすることはかないませんでしたが、座長演者による活発なディスカッションを実施していただきました。

 無事、会期を終えられましたことにつきましては、 ご講演、ご発表いただきました先生、学会本部理事会、各委員会、事務局と、何より学会員の皆様のご理解とご協力の賜物と、重ねて御礼申し上げます。

第51回日本口腔インプラント学会学術大会
大会長 津賀一弘
副大会長 武知正晃
実行委員長 久保隆靖

特別シンポジウムディスカッション画面
特別講演1ディスカッション画面
特別講演2ディスカッション画面
公益社団法人日本顎顔面インプラント学会共催
シンポジウム5ディスカッション画面

ページトップ